自然遺産&文化遺産が決定。

6月24日に日本の世界遺産が決まりました。自然遺産に東京から1000㎞も離れた小笠原諸島が決まった。一度も大陸と接する事も無く動植物の固有種が多く、東洋のガラパゴスと云われる所以だ!だがここにも外来種が天敵に為りつつ有るよに絶滅危惧種も増えている。東京からのフェリーが1週間に1便であることや、1日100人の観光ツアーやフェリーから降りる場合でも外部からの雑多の種を排除し島を守っていくとの事です、これで国内の自然遺産は4つ目に為ります(屋久島・白神山地・知床半島) 日本には昔より自然の宝庫であり世界に類のない動植物固有種があり、明治以降から西洋文化の利便性を求めた事が自然を壊して行った、元々世界遺産などと云う言葉も要らなかった様に思える、国民がうまく自然と共生・共存すればいい事なのだと思うのです。

文化遺産には岩手県平泉が26日未明に決まりました。今、東北地方は大震災で辛い話の中に希望の光が見えた様に思えます。美しい東北の森に囲まれたところです。

世界遺産が同時に2つも登録されたというニュースでした。

 

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 出来事 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中