ニホンウナギの卵

ニホンウナギの卵を公開する。二年ほど前に東大の研究者がマリアナ諸島近海でニホンウナギの卵を発見するが研究の為に残す事が出来なかったと云う、ウナギは海面下150~200㍍の領域に新月の2~4日前に毎日散乱すると云う、そして1日から1日半で孵化をする事が解っている。今回は7粒を公開しました。と云う事は・・・稚魚で養殖したウナギを産卵間近な成魚をマリアナ諸島近くで産卵させて、卵を日本に持ち帰れば完璧に養殖が成りたちますよね(^O^)・・・然し3分の1ぐらいは自然に日本の川に遡上出来れば云う事なしでしょう!。

今日11日は東北大震災から、4ヵ月が経ちました。まだまだ被災地の方は何一つ事を起こす事も無く梅雨明けの真夏日に耐えています。一刻も早く地方に復興権限を渡しまずライフワークを確立して2重ローンを防ぎ早く生活基盤に、商売や中小企業の復興が出来ます様に国が早く手を打って下さいな!

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 出来事 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中