街中に、いこいの水辺が出来た。

大阪の真ん中に海水浴場の様に砂浜の有る‘いこいの水辺,が出来ました。環状線桜の宮駅より300mほど下ったところに有ります。源八橋の近くで昔、貯木場の一つがいこいの水辺に成っています。淀川大川の水が入り込んでますが浄水機を通してきれいな水を貯めています。でもまだまだ汚れているようで泳ぐことは出来ませんが、砂遊びやカヌーで回るぐらいの水辺です。砂浜は淀川の白い砂を施して海辺の砂の様です。海は岩か松ですが此処は、タイルに桜の木やメタセコイヤの木々が茂って涼しさを呼ぶ小さな湖でしょうか?シャワーも有りましたよ!幼子がその近くを裸で走り回っていたり、沖に出て危なくないかライフセーバーの人も3人ほどいて監視しています。出店も出ていました焼きソバやフランクフルト・かき氷・ホルモン焼き等なども・・ビールも。

20年ほど前には、大阪南港にサンクチアャリーが出来て水辺の鳥を見る事が出来ました。そうです大阪は水の都です、桜の通り抜けの向いに子供たちが何時でも水遊びが出来たら良いでしょうね、虫も魚も、水草も有るビオトーク的な水辺で有ったならもっと楽しいのですが。

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 出来事 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中