大震災から半年が過ぎる。

大激震、東北沖大震災から今日で半年に成りました。その間被災地を救援するべき国の政治は空転ばかりで、被災者の拠り所が薄れてきている。新しい内閣が出来少しは希望が持てる人が出てきた矢先、ベテラン議員がの軽率な発言で辞任する。今日の日を新たに、住みよい街にと復興しようとする人達に逆なでする出来事です。

昨日は神戸に出掛けた折に神戸大震災の鎮魂の灯火をみて、波止場では岸壁が崩れた跡も見てきました被害の規模は違えど亡くなられた方を思う気持ちは同じで、復興した今も忘れないものでしょう。常に、自然災害時に如何に国や自治体が動くかに尽きると思うのです。まだまだ、2次災害が起きる東北の震災処理を早く処理して欲しいものです。

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 出来事 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中