北陸の珍味を味あう!

昨夜友人と珍味を味あう。北陸金沢の土産、ふぐの子・どじょうのかば焼きを戴いた物だから、一度は味わってみたい1品が目の前にある、先ずは、どじょうの蒲焼を食する。串刺しされた黒いどじょうの味は少し薄いがタレはどじょうの身まで浸みている歯ごたえは、どじょうの臭みを消す為か良く焼きされていてカスカスとしていて少し物足りない気もする。石川県の津幡町倉見地区で町興しで栄養価の有るドジョウが養殖されたそれを蒲焼にした様で、昨日もTVで流されていた。

もう1つの珍味が、ふぐの子である、たまたま集まりが有り友人5人でこれを食する事に!怖いからではなく能登の名物の1つだからである。初めに3年塩漬けされ毒素を抜き糠漬けされた物である、日本人は偉い、ふぐ毒を漬けものにして抜く知恵が有る、ふぐの子を食べたい一心からか?味はサバのヘシコで卵の粒つぶ感が味わえた!日本酒でぐい~と一杯かから身をビールで流す感じが良いかも。これで、能登の珍味を1つクリヤー出来ました満足!後はナマコの卵巣が残っているがこれは大変高額な品でお土産とはいかないであろう!とり合えず、お土産有難う御座いました。

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中