七草粥とウィーンフィル・ニュウイヤーコンサート

朝から七草粥土鍋で煮て作りました、と云っても生の七草を仕込んではいません!そうですフリーズドライの七草が有るのですよ。お粥を土鍋で作りフリーズドライの七草を入れて3~4分煮ると出来るのです。ナズナ・スズナ・ゴギョウ・ハコベラ・スズシロ・セリ・ホトケノザが春の七草です。いつも忘れるので明記しときました。元は七穀が中国より平安時代に伝わり、五の節句の1つで、豊作祈願に無病息災に厄除が主で手に入りにくく庶民の手に入る山菜が鎌倉時代に出来たそうな・・・・七草フリーズドライは簡単で生の物より食べやすい。金額は同じようです。春の七草の効用は沢山あり整腸・二日酔い・ダイエット・精神安定などあるそうで!

正月に聞くはずの、2012ニュウイヤー、ウィンフィル・コンサートを再放送で2部から聞きました。豪華なウイン楽友協会ホールに沢山の花が飾られ、宮殿では16・7人のバレーダンサーが曲に合わせ優雅な姿が放映され、聞く事も見ることもとても幸せな気持ちになる事が出来ます。今回の指揮者はマリス・ヤンソンスでした小沢征爾から4年が経つのかな?ホールに指揮者の写真が飾ってありました。「美しき青きドナウ」「ラデッキ行進曲」が最後にアンコール曲で締めです。

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 季節 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中