歌、 あいたくて を聴く!

♬ あいたくて   作詞:工藤直子  作曲:平原綾香

♪ だれかに あいたくて              

なにかに  あいたくて

生まれてきた -

そんな気が するのだけれど

♪ それが だれなのか なになのか

あえるのは いつなのか -

おつかいのとちゅうで

迷ってしまった 子供みたい

とほうに くれている

♪ それでも 手のなかに と後、少し続きますがこの歌はNHKラジオの深夜番組で(FM)3:45分頃流れて来ます! あいたくて  短いこの歌は、歌詞も曲も素晴らしいものです!一度聴いてみて下さい。何となく震災・災害や不慮の事故等で心の喪失や明確な希望を忘れた人のために!自分探しを求めている励ましの歌ように思えます。そしてそのなにかが、見つかればそれに向って人は力強く進めるのでしょうね!

3.11 此の日で東日本大震災・原発事故から1年が来ました!被災された方には途方も無く長い1年だったに違いないでしょう。これから先、突如として居住を奪われ、生活に困窮された方、一番苦しんだ方が、一番幸せに為らなくては為りません!

人生の希望の喪失感、心の復興を妨げる過酷な生活を、丈夫な人達が、下から支えなければ暗闇の底からは這い上がれないし、そして自分を諦めないでと思います。ある本に記されていました 「救いは一歩踏み出すことだ。さてもう一歩。そしてこの同じ一歩を繰り返すことだ・・・・・」サン・テグジュペリの言葉を引用されていました。いつまでも長く心の支援を続けて行き、人間が持つ無限の可能性と強さを引き出させなくては、そして先ずは自助・共助、励ましと絆・公助が肝心だと思います。

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 出来事 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中