地域の避難訓練

3.11大震災の1年目の其の日に地域の避難訓練が有り、僅かな時間でしたが参加する事が出来ました。当日、朝の8:30前に災害が発生して近くの公園に集合して、指定避難場所(我が地域は小学校)に非難して、その後各自治会の防犯責任者がリードします。専門に救命班、現況報告、炊き出し班、消火半等が設けられ更にその班ごとに自治会から数名ずつ選出されました。

今回で第7回の避難訓練で、地域から約350名で地域ではとても少ない様です! 小学校の校長、地域防犯部長、消防署長の話は、東日本大震災の教訓を訓示、その後各班に分かれ教示していてそのほかの人達は、消火訓練・救助・炊き出し、煙幕の体験と感心のあるコーナーへと散って行きました。今日参加して思った事は、高齢者の参加が少ない事、近所の足の悪いおばあちゃんは、もう一人の独り身のおばちゃんが支えて、避難所まで同行してくれましたが、他の高齢者や独居老人達はどうするのか?近所との繋がりがとても少ない事に、ショックを受けましたが、又若い人も当然居ませんでした。重要なのは地域力が大事である事が解ります!一人は皆の為に、皆は一人の為にを思い出して下さい。

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 出来事 タグ: パーマリンク

地域の避難訓練 への1件のフィードバック

  1. うさぎ より:

    頻繁にされているのですね「避難訓練」。お疲れ様でした。
    炊き出しまでとは、ずいぶん大掛かりな訓練なのですね・・・

    何事も起こらないのが一番ですが、もしもの時も備えあれば憂いなし。
    実際に行動してみないと気付かないことって意外とありますもの。
    良い経験をされてますね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中