朱鷺よ頑張れ!

今日の出来事に佐渡の朱鷺ヒナが36年ぶりに誕生!が有りました。日本のニッポニアニッポン、最後の鳥「キン」が2003年に死んで中国の朱鷺を借り入れ、繁殖させて100羽近く為る、40数羽が放鳥され20羽生息確認、その内の番いが4月初めに卵を4個産み、昨日孵化した20㎝程の幼鳥が親より餌を受けていた様子を環境省の映像をTVに流していました。兵庫県の豊岡市のコウノトリ公園も同じですが、人と野生の鳥とが共生できる事は、周りの水田で作る稲・農作物の無農薬の米・作物が人間にも良く、鳥の餌と為る虫・カエル・蛇等が増え、鳥に優しく人にも美しい田園が出来る!・・・・何とか天敵から旨く逃れて自然繁殖の第1号に為って早く大空に美しい朱鷺色を見せて欲しいな頑張って!。

それとは眞逆の出来事が、4日前に秋田県鹿角のクマ牧場で悲惨な事故が起きました。飼育係2人が逃亡したヒグマに咬まれ死亡、逃げた熊6匹が射殺された事件です。北海道に生息してるヒグマを本土の劣悪な飼育場で飼い見世物にしていて、動物愛護団体や県からの餌養・保管等も指導を受けていたが改善されず、熊を見せていた。昔秋田のマタギが子連れの親クマを死なせて、小熊を引き取り育てた話は聞くが、わざわざヒグマを本土に連れて来て充分な餌もやらず、屋根の無いセメント囲いに柵で囲っただけで、動物虐待そのものでしょう!

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: , 出来事 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中