懐かしい時代劇を見る。

昨夜、京都テレビの中島貞夫の邦画指定・・・「若さま捕物帖・お化粧蜘蛛」を見た!懐かしく見させていただきました。1962年東映の映画で、捕り物帖が人気が有った頃の映画、右門捕り物帖(大友柳太郎)・伝七捕り物帖(高田浩吉)・銭形平次(長谷川和夫)等が有ったのだが、むっり右門と大川橋蔵の若さま捕り物帖だけは覚えている様な・・・・何せ小学校の頃に子供50円頃の話かな?!とても古い話でスト―リも忘れていますが、大川橋蔵の美形と泣きそうな声が忘れられません!市川雷蔵も好きですが。当然、昔の悪役もよく覚えています名前はさっぱりで、こんな悪そうな人がいるのかななんって思ってました。それだけ印象に残っている!此の映画にも沢山出ていて安心してみる事が出来ます。そして松島トモ子の可愛らしい事!桜町弘子・佐久間良子も綺麗!必ず出て来る笑いを獲る名脇役、堺俊二、柳家金語楼、左卜全等・・・・・ああ懐かしい!何と若い松方弘樹が夜桜の辰に、良いね!悪役には唐津屋十兵ヱに山形勲、越後屋久左衛門に佐藤慶、遠州屋小吉?田中春男?文字春に久保菜穂子が出ている。俳優の名を連ねるけで面白い!その後のやくざ映画は余り見たくも有りません、今流行りの韓国ドラマもいと簡単に残虐行為に恨み、しつこい暴力など日本の時代劇には見当たらない、勧善懲悪で解りやすく安心して観れます。次週は同じく、大川橋蔵の主水之介三番勝負があります!もっとも見たいのは、小暮美智子との共演「赤い影法師」を見て見たいのですが・・・・・放映されるでしょうか?

広告

amenouwok について

何時もは、街の中ですが心は山紫水明な処で、山野草や渓流の魚達と戯れ たいと思っています。 テンカラ釣りして美しい渓流魚を眺め、出会った草木の種をベランダの鉢に撒いて 芽が出て、花が咲くのを愉しみにしている自然大好き人間です。 または、テントを張って山のしじまに怯えて朝を迎えるのも楽しみの一つ。
カテゴリー: 趣味, TV タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中